無料ブログはココログ

2018年11月13日 (火)

尽きない泉第1826号

「尽きない泉」第1号2013//13

Img_0381
         昨日、下り坂の急階段で見た紅葉。

「尽きない泉」第1827号号(再開65号)

 聖書 神はどのような苦しみのときにも、私たちを慰めてくださいます。私たちも、自分自身が神から受ける慰めによって、どのような苦しみにいる人をも慰めることができるのです。
それは、私たちにキリストの苦難が溢れているように、慰めもまたキリストによって溢れているからです。コリントⅡ1章4節。

 この日も、主イエス様は、聖書の言葉を通して、励まし慰め、そして、確信を与えられて一日を始めることができることは、本当に感謝なことです。

 神さまの愛も恵みも満ちあふれているように、その慰めも溢れているのです。それは、今日も目覚めるとともに、主イエス様が共にいてくださるからなのです。恵みと慰めの御霊が、強く確信させてくださるのです。

その心にしみとおる慰めで、元気なり、力も、喜びも湧いてくるのです。

 おひとりおひとりの今日一日も神さまの慰めに満ち溢れた一日でありますようにお祈りしています。高橋芳昭

2018年11月12日 (月)

「尽きない泉」第1826号

「尽きない泉」第1号2013//13

Img_0377
       庭の蔦(つた)が紅葉しました。

「尽きない泉」第1826号(再開64号)

聖書 しかし、主を待ち望む者は新しく力を得、鷲のように翼をかって上ることができる。走ってもたゆまず、歩いても疲れない。
イザヤ40章31節。

 世のすべての物は、時間とともに古くなり、おとろえ、枯れ、朽ち、無くなるのです。人間も同様で、年令と共に体力、記憶力なども落ち、おとろえます。しかし、主イエスに在る者の内なる心は、日々新しされるのです。新鮮な心で、新鮮な意欲で、新鮮な使命感で、新鮮な情熱で、心を熱くして、若々しく、みずみずしく、柔らかい心で日々過ごすことができるのです。

神さまの変わらない愛が心に注がれ、変わらない新鮮ないのちと力が湧いてくるのです。

気持ちは周囲に影響を受けず、変わらないので、結果、忍耐強くなり、継続力、集中力が生まれ、それが、多くの収穫につながるのです。

 お一人お一人の今日一日が実り豊かな一日でありますようにお祈りしています。高橋芳昭

[TUKINAIIZUMI]

2018年11月11日 (日)

「尽きない泉」通算第1825号

「尽きない泉」第1号2013//13

「尽きない泉」第1825号
Dscn0610               
         「尽きない泉」第1号に乗せた写真です。

 

お知らせ・・・今まで再開「尽きない泉」としてきましたが、やはり、第15号からの一連番号にすることにいたしました。よろしくお願いいたします。ただし、今年2月10日体温31℃で倒れ、その後のリハビリのための今年の2月10日から6月29日再開第1号までは空白になっています。

倒れる前日の2月9日、相当疲労が重なっていたであろう中でも、内に湧く「尽きない泉」に支えられている、極めて前向きな信仰を感じるメッセージなのです。ただ、体力の限界を感じるのは、文章が極めて短いことです。主イエスのみ名を心から讃美します。

 

通算番号に変えるに際して私自身が、思いを新しくするために、その29日のブログを再掲します。


今日の話題 新鮮な意欲、新鮮な発想。新鮮な気力、新鮮な構想が、キリストにあって生きる者の心から湧いてくるのです。」

 
聖書 ですから、私たちは落胆しません。たとえ私たちの外なる人は衰えても、内なる人は日々新たにされています。 
コリント人への手紙 第二 412

     
 いくら年をとっても、いくら経験を重ねても、新鮮な生活や仕事が出来る意欲、気力が湧いてくるのが、キリストの「尽きない泉」なのです。 

 人は皆、幾つになっても、若さを保っていたい筈です。分かりやすい言い方をすれば、主イエスが言う「日々新しい」とは、そういう事である。

  新鮮な意欲、新鮮な発想。新鮮な気力、新鮮な感動、キリストにあって生きる者の心から湧いてくるのです。

 

再開「尽きない泉」第64号

「尽きない泉」第1号2013//13

再開「尽きない泉」第64号

Img_0278
          国道20号線です。

聖書 あなたの重荷を主にゆだねよ。主は、あなたのことを心配してくださる。詩篇55篇22節。

 私たちの人生は、神様から与えられ重荷を背負って生きています。主イエス様は、世に生きる私たちのために十字架を負って生涯を全うされたのです。私たちの人生も、深い意味があって、人それぞれに重荷を与えられて生きているのです。重荷を背負って生きる中で、人は色々な試練に会い苦労することがあっても、その試練は、決して無駄にならならず、忍び通したとき、神さまは、必ず、報いてくださるのです。

 そして、重荷を与えなさる神さまは、私たちの弱さを心配してくださる方ですから、必ず、その中で解決の道を開いてくださるし、力も与えて下さるのです。恐れず、騒がず、つぶやかず、自分で背負い込まず、結果を神さまにおまかせし、心に余裕をもって生きて行くべきです。

お一人お一人の今日一日が良い一日となりますようにお祈りしています。

 

2018年11月10日 (土)

再開「尽きない泉」第63号

「尽きない泉」第1号2013//13

Img_0361           
              今までと違った紅葉の光景を昨日見つけました

 聖書 喜ぶ者といっしょに喜び、泣く者といっしょに泣きなさい。
    ロマ12章15節。

今日の一言「本来、人は孤独に耐えられず、愛による交流を強く望んでいる。」

人と人の交流は、生きて行くために、非常に大事なことなのです。心をうるおし元気にし、人の心や人柄を豊かにするのです。人は言葉による対話で、気持ちが和らぎ脳の働きも良くなるのです。本来、人は、孤独を好まないのです。

今やインターネットが生活を支える時代になり、対面販売を追い抜こうとしています。言葉でやり取りする対話は、心を温めるのです。

 お互いの愛を、気持ちだけでなく行動にあらわすことで真の交流ができるのです。人は、顔が違うように、環境も、生活の形も、好みも違うことをよく理解することが大事なのです。男女の違い、性格の違いなどを認め合い尊重してこそ、本当の交流が生まれるのです。

主イエス様を信じることによって、心を新しくされ、行動することで現実の結果が生まれるのです。

 神さまは、えこひいきなく、一人一人を大事に思っていてくださるのです。愛をもってお互いを大事な人とすることは、神さまに喜ばれることなのです。

 今日も、実り豊か一日となりますように、神の祝福をお祈りしています。

 

再開「尽きない泉」第62号

「尽きない泉」第1号2013//13

再開「尽きない泉」第62号

Img_0363
  諏訪には数限りなく色々なところできれいな紅葉を見受けます。

聖書 私は、私を強くしてくださる方によって、どんなことでもできるのです。ピリピ4章13節。

今日の話題 「何があっても、主イエスを信じ、祈りつつ、確信をもって生きて行こう。必ず、道は開かれる。」


使徒パウロの何と確信に満ちた言葉です。この確信が、彼の経験だけでなく、主イエスを信じるすべての人への神さまからの熱いメッセージなのです。この御言葉はあなたへのものであり、私へのものなのです。

この確信の根拠、出処こそ、主イエスが信じる者に与えて下さる大切なメッセージなのです。

 新約聖書ロマ4章にあるように、アブラハムは、「望みえないとき望みを抱いて信じた」のです。それは、アブラハムが、神さまを強く信じたことを神は義と認めたのです。大きな愛と恵みによって彼を義しい人、義人として認めてくださったのです。人は、そのままでいいよと認められると自信が湧いて来て、元気、勇気が出て来るのです。

 私たちは、お互いにほめるべきなのです。人は、自分が認められると自信が湧いて来て、心の状態も良くなり確信が湧いてくるのです。

主イエス様は、信じる私たちが、確信をもって、自信をもって生きて行くように強い力を与えて下さるのです。

 主イエスの「尽きない泉」から湧くいのちに支えられ、力を与えられ元気づけられ、今日も、主イエス様を伝えるために書いています。

 おひとりおひとりへの神よりの祝福を心より祈りつつ・・。

2018年11月 9日 (金)

再開「尽きない泉」61号

尽きない泉」第1号2013//13


Img_0342
 諏訪湖湖岸にある諏訪温泉での間欠温泉の吹き出しの瞬間です。                        

再開「尽きない泉」第61号

聖書 あなたがたは、あらゆる点で豊かになって、惜しみなく与えるようになり、それが私たちを通して、神への感謝を生み出すのです。コリントⅡ9章11節。

 

私たちの心は、満ち溢れ、かつ、絶大な神の恵みに満たされ、私たちの心はうるおされ、豊かにされるのです。

神さまが、与えて下さる喜びは、その心の豊かは、必ず、まわりの人に広がり、明るく和やかになり、喜び、笑い声は周囲に広がり、笑い声がたえなくなるのです。

 

私は、自分が満たされるだけでなく、惜しみなく人びとに、自分を与え続ける人生でありたいと常々思っているのです。

主イエス様の言葉のごとく、かぎりなく湧き続ける「尽きない泉」によって支えられることで、それが可能になるのです。

 

今日も、主イエス様の恵みが、おひとりおひとりのうえに注がれ、幸せな一日であるようにお祈りしています

2018年11月 7日 (水)

再開「尽きない泉」60号

「尽きない泉」第1号2013//13

Img_0311
              知人からみかんがとどきました。

 

今日の話題 「神さまと共に生きる者の人生は、必ず守られるし、すべてについて、満たされるのです。」

 聖書 あくまで頼み続けるならば、そのためには起き上がって、その必要な物を与えるでしょう。わたしはあなたがたに言います。求めなさい。そうすれば、与えられます。ルカ11章8~9節。

 主イエス様を信じ、この世を生きている者の心には、「尽きることなく湧き続ける泉」が湧き続けているのです。ですから、粘り強いのです。あきらめません。あくまでも頼み続ける熱い気持ちで、求めなさい。と主イエス様は言われたのです。人生の試練が厳しく、簡単でないのは、当然なのです。そして、人生の試練に会わない人はおりません。

 人は、例外なく、重荷を背負って生きているのです。主イエスは、失望せず求め続けるのです。

求めなさい。捜しなさい。叩きなさい。そうすれば開かれます。主イエス様は強く励ましておらえるのです。

 私たちには、神さまがいっしょにいてくださるのです。必ず、栄光を現わし、世の荒波に勝たせてくださるのです。感謝な事です。有難いことなのです。

おひとりおひとりの今日の一日が、実り多き一日となりますようにお祈りしています。

2018年11月 6日 (火)

再開「尽きない泉」第59号

「尽きない泉」第1号2013//13

再開「尽きない泉」第59号

Img_0303
     紅葉も進み、初冬のたたずまいを感じる湖岸です。

私たちはみな、この方の満ち満ちた豊かさの中から、恵みの上にさらに恵みを受けたのである。ヨハネ1章16節。

 「満ち満ちた豊かさ」この言葉こそ、主イエスさまに相応しい言葉なのです。神さまのなさることは、すべての事において豊かなのです。そして、時かなって美しいのです。そのお方から、豊かな恵みを受けたのです。

 信じた私たちは、すでにその豊か恵みの中に置かれ、守られて生きているのです。すべてについて、その祈りと約束は、すでに得ていることを信じて、プラスのイメージを思い描き、すでに力と恵みが与えられていると信じて行動すると、力が湧いてきて、粘り強い行動ができ、結果もついて来るのです。

 乏しく、暗い心や考え方は、結果は出ないのです。生きていることを楽しみ、感謝と幸せを感じながら心を豊かにされて「尽きない泉」を書いています。

 聖書 私たちにすべてのものを豊かに与えて楽しませてくださる神に望みを置くように。テモテ①6章17節。

 おひとりおひとりに神さまよりの豊かな祝福を心からお祈りします。

 

«再開「尽きない泉」58号