無料ブログはココログ

尽きない泉」1,941号


2019年3月24日 (日)

「尽きない泉」1,943号

「尽きない泉」1号2013//13
「尽きない泉」1,944号 3月24日(日)

いつも利用する長い階段のそばにある岩石。

聖書 愛する者よ。あなたのたましいが幸いを得ているように、あなたがすべての点で幸いを得、
また健康であるように祈ります。ヨハネの手紙 第三 2節。

今まで、色々な事があったが、この年令まで、神さまは、守ってくださった事、
多くの方々のお世話になったこと本当に感謝です。
19才で神さまと永遠を信じることをゆるされ、祈る喜びが分ったのです。
人として、自分の生命は、神さまから与えられた生命であり、
一人の人間として選ばれて生まれて来た自分であること、
生かされている自分であることも分かり、今日まで、神さまにお祈りしつつ、
自分らしい、自分の道を生きてきました。

どうしても、健康で長生きしたいのです。
神さまは、今までの願いと祈りにお応えくださって、大分体力がついて来ました。
昨日も、相当の距離歩きましたが、疲れを感ぜず歩きました。

日々続けている家族、親族、知人、友人のための祈り、
試練と戦っておられる方々のために祈り続けるためにも、健康でありたいのです。

皆様方の今日一日が良い一日でありますように・・。

高橋芳昭

2019年3月23日 (土)

「尽きない泉」1,943号 

「尽きない泉」1号2013//13

「尽きない泉」1,943号 3月23日(土)

聖書 そして、神の栄光にあずかる望みを喜んでいます。
それだけでなく、苦難さえ喜んでいます。それは、苦難が忍耐を生む出し、
忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出すと私たちは知っているからです。
この希望に終わることはありません。なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、
神の愛が私たちの心に注がれるからです。
ローマ人への手紙 52~5節。

苦難は決して喜ばしいものではありません。しかし、苦難は、また、決して、
私たちにとって無駄にならずプラスになるものなのです。
ヨットは、逆風を活用して前に進むのです。そして、苦難の中で、特に、
神の愛を私たちの心に注いで慰め、励ましてくださり、力づけてくださるのです。

苦難の時ほど、多く教えられ、多く力を与えられる 多く収穫を得るのです。
苦難は、人生の宝です。この宝を「宝の持ちぐされ!」とせず、もっと活用すべきです。

 苦難の中にこそ、主イエス様は、私たちといつも、いっしょにいてくださるのです。

人生の厳しい課題の中にいる方、病いの床におられる方、
その様な方々に神の慰め、守り、助けがありますように祈ります。

「尽きない泉」をお読みくださる方々、感謝します。よろしくお願いします。
高橋芳昭。

2019年3月22日 (金)

「尽きない泉」1,942号

「尽きない泉」1号2013//13

チュウリップです。

「尽きない泉」1,942号 3月22日(金)

聖書 私たちは、この宝を、土の器の中に入れているのです。それは、
測り知れない力が神のものであって、私たちから出たものでないが明らかにされるためです。
コリントⅡ47節。

主イエス様を信じた者の心に与えられた永遠の生命、信仰、愛、希望は、
正に、宝と言うべきものです。信じた私たちの心と生活、
そして、人生そのものを変えてしまうほどの力があるのです。

人は何のために生きているのか?は、
古今東西、すべての人の共通の生涯にわたる課題です。生きて行く意味、
働く意味、試練における苦難の意味を聖書は、教えているだけでなく、
生きる力、意欲、情熱も与えてくれるのです。

神への祈りには、私たちの思いを越えた大きな力があるのです。

聖書は、神の言葉であり、その言葉には、人の心と人生を変える大きな力があるのです。
「尽きない泉」は、そのいのちの言葉を伝えるため書き続けているのです。
これはまた私の夢です。夢の実現を強く信じています。

今、この時も、人生の厳しい現実の中にいる方、病いの床にある方、
その様な方々に神の慰め、守り、助けがありますように祈ります。

「尽きない泉」をお読みくださる方々、感謝します。お幸せを心よりお祈りします。

高橋芳昭。

2019年3月21日 (木)

「尽きない泉」1,942号

「尽きない泉」1号2013//13
「尽きない泉」1,942号 3月21日(木)

聖書 私は、すでに得たのではなく、完全にされているのでもありません。
ただ捕えようとして追及しているのです。それを得るようにと、
キリスト・イエスが私を捕えてくださったのです。ピリピ312節。

この年になるまで、世の中で、多くの人生経験をさせていただきました。
この世は、他では学べない人生大学なのです。この大学で、
経験しなければ身に付かない多くのことを学び、この道を、なんとしても、
まだまだ、足らざること多く試行錯誤続く日々で、行き過ぎたり、
足りなかったりしています。

元気で長生きしたい夢を実現するための挑戦をしているこの頃です。
今日も、病める方々、厳しい現実の中におられる方々のために、神さまの慰めといやしを心からお祈りしています。

「尽きない泉」お読みくださる方々の健康とお幸せを心からお祈りします。高橋芳昭。

「尽きない泉」1,941号 3月21日(木)

「尽きない泉」1,941号

「尽きない泉」1号2013//13
「尽きない泉」1,91号3月19日(火)

聖書 与えられる神の大能の働きによって私たち信じる者に働くすぐれた力が、
どれほど偉大なものであるかを知ることができますように。エペソ119

神さまは、聖書を通して、私たち人間に、生きる知恵と力を与えようとされているのです。
聖書は、知恵の書です。信じる力、祈る力、愛する力、忍耐する力、考える力などなど、
人が生きて行くためには、色々な力が必要です。現実生活でも、仕事をこなす体力、
知恵、計算す力が必要、さらに、人と上手にお付き合いする力、
コミュニケーション能力など、例を挙げればきりがない。主イエス様は、それらのすべてを与えて下さるのです。

神さまは、人に知恵を与えて下さいました。それよって、経験から生きる知恵を生み出し、
多くのことわざや格言をつくってきました。これも尊いことです。

今日も、お祈りと聖書の言葉から力を与えられ,良い一日となりますようにお祈りしています。
また、病いの中にある方々の上に、神さまの慰めと癒しの御手が重くおかれますようにお祈りします。アーメン。
高橋芳昭。

「尽きない泉」1,941号3月19日(火)

「尽きない泉」1号2013//13
「尽きない泉」1,91号3月19日(火)

聖書 与えられる神の大能の働きによって私たち信じる者に働くすぐれた力が、
どれほど偉大なものであるかを知ることができますように。エペソ119

神さまは、聖書を通して、私たち人間に、生きる知恵と力を与えようとされているのです。
聖書は、知恵の書です。信じる力、祈る力、愛する力、忍耐する力、考える力などなど、
人が生きて行くためには、色々な力が必要です。現実生活でも、
仕事をこなす体力、知恵、計算す力が必要、さらに、人と上手にお付き合いする力、
コミュニケーション能力など、例を挙げればきりがない。
主イエス様は、それらのすべてを与えて下さるのです。

神さまは、人に知恵を与えて下さいました。それよって、
経験から生きる知恵を生み出し、多くのことわざや格言をつくってきました。これも尊いことです。

今日も、お祈りと聖書の言葉から力を与えられ,良い一日となりますようにお祈りしています。
また、病いの中にある方々の上に、神さまの慰めと癒しの御手が重くおかれますようにお祈りします。アーメン。
高橋芳昭。

「尽きない泉」1940号3月18日(月)

「尽きない泉」1号2013//13
「尽きない泉」1940号3月18日(月)

お断り、ココログのメンテナンスで遅れました。

聖書 私はほめたたえます。助言をくださる主を。
実に、内なる思いが私を教えます。

 わたしはいつも、主を前にしています。主が私の右におられるので私はゆるぐことはありません。
それゆえ、私たちの心は喜び、私たちの胸は喜びにあふれます。
私の身も安らかに住まいます。詩篇167~9節。

どんなときにも、どんな所でも、主により頼む私たちから離れなれず、見捨てない方なのです。
ですから、主イエス様は、心を騒がさないように、恐れないように、
安心するようにと言われました。主イエス様が与えると言ってくださったゆるぐことのない平安は、
生きる力になり、元気になるのです。そして、その平安は、
信じるすべての人々に与えられるのです。聖書の言葉は、いのちの言葉です。
人の心を生かし、力を与えるのです。自分は独りではないのです。
主イエス様という本当に頼りになる救い主であり、避け所であり、すぐそばにいてくださる友なのです。
今も生きて働いておられ、私たちといっしょにいて信じる者を用いて栄光を現わしてくださるのです。

今日も病いの中におられる方、強い孤独を感じておられる方、お一人お一人に神の慰めがありますように心からお祈りします。

「尽きない泉」を読んでくださるすべての方々への神の豊かな祝福がありますようにお祈りしています。高橋芳昭。

「尽きない泉」1,942号 3月21日(木)

「尽きない泉」1号2013//13


「尽きない泉」1,942号 3月21日(木)

聖書 私は、すでに得たのではなく、完全にされているのでもありません。
ただ捕えようとして追及しているのです。それを得るようにと、
キリスト・イエスが私を捕えてくださったのです。ピリピ312節。

この年になるまで、世の中で、多くの人生経験をさせていただきました。
この世は、他では学べない人生大学なのです。この人生
大学で、
人生の
経験を積まなければ身に付かない多くのことを学び、
この道を、なんとしても、まだまだ、
至らなく試行錯誤続く日々で、行き過ぎたり、足りなかったりしています。

元気で長生きしたい夢を実現するための挑戦をしているこの頃です。
主イエス様は、こんな私を取られて鍛えて下さっておられることは、
本当に感謝です。

今日も、病める方々、厳しい現実の中におられる方々のために、
神さまの慰めといやしを心からお祈りしています。

写真掲載は、少し日にちをください。

「尽きない泉」お読みくださる方々の健康とお幸せを心からお祈りします。
高橋芳昭

2019年3月20日 (水)

「尽きない泉」1,941号

「尽きない泉」1号2013//13

「尽きない泉」1,91号 3月20日(水)

聖書 主の聖徒たちの死は主の目に尊い。詩篇1165節。

人生は、いつかは終わります。人のいのちは永遠ではない。そして、その終わりの日に、
その人の本当の価値が現れるのです。聖徒とは、主の恵みといつくしみを受け、
生きている人たちを指します。
終わり良ければすべてよし・・世の中のことわざにあります。
自分の人生の終わりを意義深い評価を受けて終わるような人生を送りたいのです。
人生の終わりを、神さまにほめていただけるような生き方をしたいのです。悔いのなく、
走り抜き、自分の人生を感謝しつつ終わりたいのです。

90才になった今、自分の生き抜いた道は、確かに足りないことのみではあるが、
悔いのない感謝の人生です。
ゴールの近づいているこれからが勝負なのです。ただただ神さまの助けを仰いでいます。

今、人生の厳しい現実の中にいる方、病いの床にある方、その様な方々に思いを馳せています。
神の慰め、守り、助けがありますように祈ります。

  • 「尽きない泉」をお読みくださる方々、感謝します。お幸せを心よりお祈りします。高橋芳昭。

«尽きない泉」1,941号