無料ブログはココログ

« 「平凡で、単純で、素朴で、幼子のような気持ちで、大切な事を日々心掛けることが、最もかしこい生き方なのです。」 | トップページ | 「その行く末を神の御手に委ね、明るい未来を展望し、日々に集中、徹する最も強く、賢く、幸せな生き方。」 »

2018年2月 1日 (木)

「神の慰めは、その心の痛みや傷をいやし、その慰めを受けた人の心を、広くし、他の人を慰める人にする。」

「尽きない泉」 公開 2013/4/13/

Photo

    「 梅  初雁 」


2018 2月1日(木) 連続通算1754話

                                                

今日の話題 
「神の慰めは、その心の痛みや傷をいやし、その慰めを受けた人の心を、広くし、他の人を慰める人にする。」


     ~~~~~         ~~~~~
神はどのような苦しみのときにも、私たちを慰めてくださいます。こうして、自分自身が神から受ける慰めによって、どのような苦しみの中にいる人をも慰めることができるのです。
 コリント人への手紙 第二 1章4節
      ~~~~~         ~~~~~


  神から慰めを受けて、自分自身を保つだけでなく、使徒パウロは、自分が神から受けた慰めによって、苦しみの中にいる人をも慰めることができる人になったのです。


 神から慰めを受けると、それまでの心の痛みや傷が癒されるだけでなく、神の慰めを受けた人の心を、大きく、広く、元気にし、その上、その心を優しくし、人の気持ちが分かり、受け止められる人になるのです。


この心の変化は、他のすべてのことにも通じる変化なのです。物事を、色々な角度から見、判断する人になるのです。


高橋芳昭

 Facebook尽きない泉 ← クリックして見てください。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村  ここのクリックで、ブログ村ランキングに加算されます。日毎の集計です!主イエスの恵みと平安が多くの方々に届けられるためです。毎回よろしくお願いします。

« 「平凡で、単純で、素朴で、幼子のような気持ちで、大切な事を日々心掛けることが、最もかしこい生き方なのです。」 | トップページ | 「その行く末を神の御手に委ね、明るい未来を展望し、日々に集中、徹する最も強く、賢く、幸せな生き方。」 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「平凡で、単純で、素朴で、幼子のような気持ちで、大切な事を日々心掛けることが、最もかしこい生き方なのです。」 | トップページ | 「その行く末を神の御手に委ね、明るい未来を展望し、日々に集中、徹する最も強く、賢く、幸せな生き方。」 »