無料ブログはココログ

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月の投稿

2018年12月31日 (月)

「尽きない泉」第1879号

「尽きない泉」1号2013//13

Img_0341
 諏訪湖岸の噴出する温泉は、間欠ですが、
        主イエスの泉は、尽きません。 

「尽きない泉」第1879号

聖書 しかし、私が与える水を飲む者はだれでも、決して渇くことはありません。わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠のいのちの水が湧き出ます。ヨハネ4章14節。

89才の一年は、弱く弱く価値なき私にとって、2月10日に倒れ、失った体力や記憶力の回復を目指した実に中身の濃い一年でした。ヨハネ3章36節にあるように、「御子を信じる者は永遠のいのちを持つ。」とありますが、その「永遠のいのち」が私を支えてくださったのです。

 この世の目に見える物は、大事なものもあるが、そのすべては、いつかは終わるのです。御子イエスを信じる者は、いつまでも渇かない、終わらないいのちなのです。

気持ちで行き詰まっていた19才のとき、神さまに手を引かれるように、開設したばかりの小さな教会に行き主イエス様を知り、神さまは、閉ざしていた私の心を信じる心に変えてくださったのです。私は、始めて、信じる心になり、心は、自由と平和と喜びの心になり、神さまに祈る喜びも知り、神さまと私と一対一の交わりの祈りの喜びが分かったのです。

 それ以来、私は、どこにいても、主イエス様が私といっしょにいてくださる安心を力にして生きてきたのです。ですが、知識と経験のないために、多くの人に、迷惑をかけ助けていただきました。生涯をかけて報いるべく、「尽きない泉」を書き続けるなど、すべての面で、より高嶺を目指して挑戦しています。

 89才のこの一年は、弱く弱く価値なき私が、体力や記憶力の回復を目指した実に中身の濃い一年でした。

ヨハネ3章36節にあるように、「御子を信じる者は永遠のいのちを持つ。」とありますが、その「永遠のいのち」が私を支えてくださったのです。この世の目に見える物は、大事なものもあるが、そのすべては、いつかは終わるのです。御子イエスを信じる者は、いつまでも渇かない、終わらないいのちなのです。

気持ちで行き詰まっていた19才のとき、教会に行き主イエス様を知り、神さまは、閉ざしていた私の心を信じる心に変えてくださったのです。私は、始めて、信じる心を知り、心は、自由と平和と喜びの心になり、神さまに祈る喜びも知り、神さまと私と一対一の交わりの喜びが分かったのです。「信じる心」こそ、生きる原動力です。どんな人にも平安とと生きる勇気と確信を与えるのです。 

それ以来、私は、どこにいても、主イエス様が私といっしょにいてくださる安心を力にして生きてきたのです。ですが、知識と経験のないために、多くの人に、迷惑をかけ助けていただきました。生涯をかけてお返しが出来るようにと、「尽きない泉」を書き続けるなど、すべての面で、より高嶺を目指して挑戦しています。神のみ名を讃美します。

2018年12月30日 (日)

「尽きない泉」第1879号

「尽きない泉」1号2013//13

Img_0757        
  一年最後のメッセージを聞く人々(新来会者を含め)

「尽きない泉」第1879号

聖書 しかし、私が与える水を飲む者はだれでも、決して渇くことはありません。わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠のいのちへの水が湧き出ます。ヨハネ4章14節。

 89才最後の一年も、弱く弱く価値なき私が、体力や記憶力の回復を目指した実に中身の濃い一年でした。

ヨハネ3章36節にあるように、「御子を信じる者は永遠のいのちを持つ。」とありますが、その「永遠のいのち」が私を支えてくださったのです。この世の目に見える物は、大事なものもあるが、そのすべては、いつかは終わるのです。御子イエスを信じる者は、いつまでも渇かない、終わらないいのちなのです。

気持ちで行き詰まっていた19才のとき、教会に行き主イエス様を知り、神さまは、閉ざしていた私の心を信じる心に変えてくださったのです。私は、始めて、信じる心になり、心は、自由と平和と喜びの心になり、神さまに祈る喜びも知り、神さまと私と一対一の交わりの喜びが分かったのです。「信じる心」こそ、生きる原動力です。どんな人にも平安とと生きる勇気と確信を与えるのです。 

それ以来、私は、どこにいても、主イエス様が私といっしょにいてくださる安心を力にして生きてきたのです。ですが、知識と経験のないために、多くの人に、迷惑をかけ助けていただきました。生涯をかけてお返しが出来るようにと、「尽きない泉」を書き続けるなど、すべての面で、より高嶺を目指して挑戦しています。神のみ名を讃美します。


2018年12月29日 (土)

「尽きない泉」第1878号

「尽きない泉」1号2013//13

Img_0755
          ひ孫(4ヶ月)と孫娘

「尽きない泉」第1878号

今日の話題 見捨てない愛、見放さない愛にこれからも支えられて・・・。


聖書 キリストは、私たちのために、ご自分のいのちをお捨てになりました。それによって私たちに愛がわかったのです。ですから兄弟のために、いのちを捨てるべきです。ヨハネの手紙第一3章16節。

 主イエス様の十字架の死に、とこしえの愛、変わらない愛があらわされたのです。神のこの愛こそ、究極の愛なのです。

私たちの、神への信頼は、この大いなる愛に根を下ろしているのです。

 見捨てない愛、見放さない愛にこれからも支えられ、強くされて、その愛に応えるべくより一層、自分に与えられた使命を果すために、み言葉をますます信頼して、よく祈り、体力増強に励み、「尽きない泉」を書き続けます。

 

おひとりおひとりへの神の報いをこころから祈りつつ・・。高橋芳昭。

2018年12月28日 (金)

「尽きない泉」第1877号

「尽きない泉」1号2013//13

Img_0306
          今年は、数えきれないほど足湯に通いました。

「尽きない泉」第1877号

 聖書 良い地に蒔かれるとは、み言葉を聞いて受け入れ、30倍、60倍、百倍の実を結ぶ人たちです。マルコ4章20節。

 この一年間は、10年以上の中身の濃い一年でした。ひたすら聖書の言葉を力にして。日々起きる問題、課題と戦いながらも、折にかなった助けと最善の道を開いてくださいました。いつも共にいてくださる主イエス様に心を傾けての祈りに、日々、力を与えられました。


 良き地に蒔かれた種が30倍、60倍、百倍の実を結ぶと主イエス様は言われました。「耳は二つ、口は一つ」と言います。心を柔らかくして、神の言葉に耳を傾け、その深い意味を吸収して、心の糧とし、行動することが大事と思っています。主イエス様は、言葉を聞いて実行する人は、土台のしっかりした実り豊かな人生を送ると言われました。

 この一年の経験からたくさんのことを学ばせていただきました。その経験の中で、体温31℃での失神、危篤状態を始めとして、不思議としか言いようのない出来事を経験し、やはり、神さまが、活きておられることを証しすると尊い経験をするなど収穫の多い年でしたが、神さまの助けがあったからであります。心から感謝しています。家族を始めとして、多くの知人、友人に、入院中の静岡の病院まで、諏訪をはじめ、遠地から何度も、お見舞いに訪れていただき、助け、励ましを与えていただいたことを本当に感謝です。


そして、出来事の非常に多い年でしたが、御霊によって心を強くされ、確信を与えられて、新しい年を展望しています。

来年は、今年の経験が活かされ、さらに多くの実を結ぶ年になり、多くの労と代価を払っていただいた方々への報いが神さまから与えられるようにお祈りしています。高橋芳昭。

2018年12月27日 (木)

「尽きない泉」第1876号

「尽きない泉」1号2013//13

Photo

「尽きない泉」第1876号

聖書 主をおのれの喜びとせよ。主はあなたの願いをかなえてくださる。あなたの道を主にゆだねよ。主が成し遂げてくださる。主は、あなたの義を光のように、あなたのさばきを真昼のように輝かせる。主の前に静まり、耐え忍んで待て。詩篇37篇4~7節。

 主イエス様を信頼し、主をいのちとし、主の平安を支えとし、喜びとして生きる者の願いをかなえてくださるのです。そして、私たちの人生を成し遂げてくださるのです。このことを、主イエスご自身の言葉をもって幾度も約束してくださったのです。ヨハネ14~16章。

 今日も、私たちの心の土台、柱は、「信望愛」です。み言葉を堅く信じ、心熱くして神を愛し、人々を愛し、どこまでも可能性を信じ、希望に心を躍らせて生きてゆきましょう。

おひとりおひとりといつも主イエス様が共にいてくださいますようにお祈りします。高橋芳昭。

 

2018年12月26日 (水)

「尽きない泉」第1875章号

「尽きない泉」1号2013//13

Photo
          日本水仙

「尽きない泉」第1875号

聖書 どうか父が、その栄光の富に従い、御霊により、力をもって内なる人を強くしてくださいますように。こうしてキリストが、あなたがたの信仰によって、あなたがたの心の内に住んでくださいますように。エペソ3章16,17節。

 

たとい、私たちの外なる人は衰えても、内なる人は日々新らたにされるだけでなく、内なる人を強くしてくださるのです。

 心は、司令塔です。私たちのうちにある心によって、私たちは生きているのです。知性も意志も人間を動かすのですが、心、気持ち、情が大事な働きをするのです。その内なる人を、新しく、強くしてくださるのです。

 忍耐力。集中力。困難の中でも明るい前向きに生きる力、広く、長く、高く、深い愛をもって、神を愛し、人を愛する力。これらの内なる人を新しくし、強くなるのです。そして、脳も体もよく働き動くようになり、言葉も行動もしっかりし、その結果、多くの実を豊かに結ぶ人生になり、神の栄光が現わされるのです。

あなたとご家族の皆さん方の上に神の豊かな祝福がありますようにお祈りしています。

2018年12月25日 (火)

「尽きない泉」第1874号

「尽きない泉」1号2013//13

Photo
                  ばら 香貴

「尽きない泉」第1874号

聖書 「ひとりのみどりごが、私たちのために生まれる。一人の男の子が私たちに与えられる。主権はその方にあり、その名は不思議な助言者、力ある神、永遠の父、平和の君」とよばれる。その主権はまし加わり、その平和は限りなく、ダビデの王座に着いて、その王国を治め、さばきと正義によって堅く立て、これをささえる。今より、とこしえまで。万軍の主の熱心がこれを成し遂げる。イザヤ書9章6~7節。

このようにすべての主権をお持ちの方が、救い主としてお生まれになったのです。そして、このようにどんな事でも、私たちの力となり支えとなってくださるのです。永遠なる方、いつまでも変わらない愛と、いつも変わらない平安を与えて下さる方が、私たちの救い主イエス様としてお生まれになったのです。

 主イエス様は、今日も変わらずともにいて、公平に、えこひいきなくすべての労に必ず、報いを与えて下さる方なのです。そして、心の中で、尽きない泉」となってくださるのです。

あらためて、このようなお方が私の救い主となってくださったことへの感謝を新しくし、クリスマスを心から祝います。

 

2018年12月24日 (月)

「尽きない泉」第1873号

「尽きない泉」1号2013//13

Photo
         ばら ゴールデンセプター

「尽きない泉」第1873号

聖書 クリスマスの夜のもう一つの出来事があった。

見よ。東方で見た星が彼らを先導し、ついに幼子のおられる所まで進んで行き、その上にとどまった。その星を見て彼らはこの上もなく喜んだ。 そしてその家に入って母マリヤとともにおられる幼子を見、ひれ伏して拝んだ。そして、宝の箱を開けて黄金、乳香、没薬を贈り物としてささげた。マタイ2章10節以下。 

高価な贈り物が三つ献げられたことから、三人の学識も財力もある学識者であったであろうと考える。また、この三人の人物を紹介する言葉遣いに丁寧さを感じるところから、尊敬の念をもって書いたのであろう。

主イエスに対しては、いのちをかけるほどの最高の真心で尽くし仕える人生こそ、真の満足がそこに在り、祝福された実り豊かな人生あのです。

何故なら、主イエスは真のいのちだからです。いのちは、神の手の中に在り、人間の自由にならないからです。

今年も、真のいのちである主イエス様の誕生を祝うクリスマスを心から喜び讃美し、感謝しましょう。

いのちをかけてまでも敬愛するお方にめぐり会い知った人生こそ、祝福された真の幸せな人生と言えるのです。高橋芳昭。

 

「尽きない泉」第1872号

「尽きない泉」1号2013//13

Img_0722
          昨日の礼拝後のクリスマス愛餐会テーブルの一部

 

「尽きない泉」第1872

 

これがクリスマスの夜の出来事です。

聖書 さて、この土地に、羊飼いたちが、野宿で夜番をしながら羊の群れを見守っていた。すると主の使いが彼らのところに来て、主の栄光が周りを照らしたので、彼らはひどく恐れた。御使いは彼らに言った。「恐れることはありません。私はこの民全体のために素晴らしい喜びを知らせに来たのです。きょうダビデの町であなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。あなたがたは、布にくるまった飼葉おけに寝ておられるみどりごを見つけます。これが、あなたがたのためのしるしです。 ルカ2章8節以下。

 

夜、野宿しながら羊の群れを見守っていた。その羊飼いたちが、主キリストの誕生の知らせを受ける光栄な務めに選ばれたのです。

これは、私たちクリスチャンの姿です。福音を証しする光栄な務めに選ばれたのです。与えられた仕事は神から与えられた尊い仕事なのです。

その試練がどんなに厳しいように思えても、神の愛は変わらないのです。必ず、最善に導かれて行くのです。

 私たちの人生は、この羊飼いのように選ばれ、そして聖書の言葉のように、いつも見守られているのです。

 いのちであり、すべてであるイエスキリスト。すべてについて豊かに満たしてくださる主イエスの降誕を感謝し喜びましょう。高橋芳昭

2018年12月23日 (日)

「尽きない泉」第1871号

「尽きない泉」1号2013//13

「尽きない泉」第1871号

Photo
                  クリスマスを祝って

 聖書 ですから、あなたがたは、神の力強い御手の下にへりくだりなさい。神が、ちょうど良い時にあなたがたを高くしてくださるためです。

あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。ペテロ① 5章6~7節。

信じて生きる私たちは、神の力強い御手に支えられ生きているのです。私たちが神さまを忘れることがあっても、神さまは、私たちのことを心配してくださる常に私たちをその力強い大能の御手をもって支えてくださり、その大能の御手をもって守っていてくださるのです。

その上、とこしえに変わらない神の愛を聖霊によって私たちの心に注いでくださるお方は、私たちのことを心配してくださるのです。私たちは思い煩うことなく、神の御手に委ねましょう。必ず守ってくださいます。

 おひとりお一人の上に神の祝福が豊かにありますように。高橋芳昭。

2018年12月21日 (金)

「尽きない泉」第1870号

「尽きない泉」1号2013//13

Img_0713
上諏訪駅前の工事で活動する建築現場で活躍する大型クレーン。来年2月ごく一部で大型スーパーが開業するらしい。

「尽きない泉」第1870号

聖書 私は山に向かって目を上げる。私の助けはどこから来るのだろうか。私の助けは天地を造られた主から来る。主はあなたの足をよろけさせず、あなたを守る方はまどろむともない。見よ。イスラエルを守る方は、まどろむこともなく、眠ることもない。詩篇121篇1~4節。

神さまは、今も生きて働いておられ、必ず、助け守ってくださるのです。 

この詩篇の作者は、自分がいかに足りない者で弱いかを素直に認めて、神の助けを、昼も夜も、行くにも帰るにも、生活のすべてに必要としているかをへりくだった思いで、この詩篇を書いているのです。

神は生きておられ、切なる祈りは、必ず、答えてくださるのです。

 今日も、おひとりおひとりのために主の助けを心よりお祈りしています。

 

「尽きない泉」第1869号

「尽きない泉」第1号2013//13

Photo
           福寿草

「尽きない泉」第1869号

聖書 あなたがの信仰の試練は、火で精錬されつつなお朽ちて行く金よりも尊くイエス・キリストの現われのときに称賛と光栄と栄誉になることが分かります。ペテロ①1章7節。

 人間の筋肉も脳も、使わないと、その量が少なくなり弱くもなるようです。勿論限界はあるが、体を動かせば、必ず、筋肉は増えるらしい。

いくつになっても同じ事で、健康を祈り願ったなら、先ず、自分自身の出来ることから実行する気構えが必要なのです。必ず祈りは答えられるとの信仰の祈りに神さまも力を与えて元気にしてくださるのです。

脳は、特に、明るく前向きに使うと真細胞がふえるようです。人の体の司令塔なので、思い煩わないで明るく大事に使いましょう。 

試練が厳しければ厳しいほど、それを耐え忍んだとき、人間として、強くたくましくなるのです。精神的にも、肉体的にも、試練を前向きに明るく受け止め忍ぶ時、より強くなるのです。

 主にあって生きる者は高齢者になっても、前向きな気持ちで挑戦すれば、脳を含めたすべての面で向上することを証したいのです。

 聖書 彼らは年老いてもなお、実を実らせ、みずみずしく、おい茂っていましょう。詩篇92篇13~14節。

祝福され守られ、年末を越え、新しい年が更なる実り多き年でありますようにお祈りしております。高橋芳昭。

2018年12月20日 (木)

「尽きない泉」第1868号

「尽きない泉」第1号2013//13

Photo_2
                 美しい色とりどりのシクラメンです。

 

「尽きない泉」第1868号

聖書 私たちにすべての物を豊かに与えて楽しませてくださる神に望みを置くように。テモテ①6章17節

 試練は、人間が鍛えられ、強くなるためには、どうしても必要なのです。恵み深い神さまは、いつかは、必ず、私たちを楽しみ、喜ばせてくださるお方なのです。

 神さまから、与えられた環境、立場、仕事の中にも喜びを見つけて楽しみ喜んで生活し楽しみたいのです。食事は交流のときなので、会話をしながら、いかにも、おいしそうに、作った人の労をねぎらいつつ、感謝して食べましょう。笑いと喜びと讃美の歌声の絶えないその家には、主イエス様も共にいてくださるのです。

あなたの人生が喜びと神への賛美に満ちたものとなりますようにお祈りします。高橋芳昭

 Facebook尽きない泉 ← クリックして見てください。

 

2018年12月19日 (水)

「尽きない泉」第1867号

尽きない泉」第1号2013//13

Photo

「尽きない泉」第1867号

今日の話題 「神さまをもっともっと信じましょう。」

聖書 ヤベツはイスラエルの神に呼ばわっていった。「私を大いに祝福し、その地境を広げてくださいますようにしてくださいますように。御手が私とともにあり、わざわいから私を遠ざけて、私が苦しむことのないようにしてくださいますように。」そこで神は彼の願ったことをかなえられた。旧約聖書 歴代誌Ⅰ 4章10節。

祈りは必ず答えられ、神の御手の大いなる御業をヤベツは、体験したのです。私たちの神への期待があまりにも小さいのです。神さまは、人の思いをはかに越えた偉大なお方なのです。神さまをもっともっと信じましょう。クリスマスです。大いに喜び、讃美し、救い主の降誕を祝いましょう。

 聖書 神を信じなさい。心の中で疑わず、ただ自分の言ったとおりになると信じるならそのとおりになります。マルコ11章22~24節

 

2018年12月18日 (火)

「尽きない泉」第1866号

「尽きない泉」第1号2013//13

Photo

「尽きない泉」第1866号です。



聖書 確かに、私たちは見るところによってではなく、信仰によって歩いています。コリントⅡ 5章7節、

 

試練は、その人の信仰や考え方が弱ると、気も持ちが暗くなり、試練が、とても大きく思えてくるのです。

ですから、主イエスさまから目を離してはならないのです。結論は、やはり、信じることなのです。

 

あなたの人生が、神さまの祝福に満たされるようにお祈りしています。

高橋芳昭。

 

2018年12月17日 (月)

「尽きない泉」第1865号

「尽きない泉」第1号2013//13

「尽きない泉」第1865号

Img_0676
      暖炉のある屋根に薄く積もった雪景色です。


聖書 確かに、私たちは見るところによってではなく、信仰によって歩いています。コリントⅡ 5章7節、

試練は、その人の信仰や考え方が弱ると、気も持ちが暗くなり、試練が、とても大きく思えてくるのです。

ですから、主イエスさまから目を離してはならないのです。結論は、やはり、信じることなのです。

あなたの人生が、神さまの祝福に満たされるようにお祈りしています

高橋芳昭。

2018年12月16日 (日)

「尽きない泉」第1864号

「尽きない泉」第1号2013//13

Img_0681
  長瀬の和やかな忘年会に家族と参加。この日の歩数7000歩。

「尽きない泉」第1864号

聖書 たとい山々が移り、丘が動いても、わたしの変わらぬ愛はあなたから移らず、わたしの契約の平和の契約は動かないとあなたをあわれむ主は仰せられる。イザヤ書54章10節。

 どんな事があっても私たちへの神さまの愛は変わらない!この永遠不変の神のお言葉こそ、私たちの確信、希望、安心の根拠なのです。

聖書 心の中で疑わず、ただ、自分の言ったとおりになると信じるなら、そのとおりになります。 祈ってもとめるものは何でも、すでにうけたと信じなさい。そうすればそのとおりになります。マルコ11章22節以下。 

これらの主のことばを一日に何度も心の中で繰り返し、口ずさむのです。力が湧いて来ます。心に思い描くイメージが、現実に現われるのです。

聖書 

主ご自身がこう言われるのです。「わたしは決してあなたを離れず、また、あなたを捨てない。」そこで、私たちは、確信に満ちてこう言います。「主は私の助け手です。へブル13章5~6節。

 この「尽きない泉」のいのちの流れが、あなたを始めとして、多くの人に及び、さらに拡大して行きますように、今日もお祈りしています。

高橋芳昭。

2018年12月15日 (土)

「尽きない泉」第1863号

「尽きない泉」第1号2013//13

Photo
        ムラサキ色のばらです。

「尽きない泉」第1863号

聖書 「主があなたを祝福し、あなたを守られますように。主が御顔をあなたに照らし、あなたを恵まれますように。主が御顔をあなたに向け、あなたに平安を与えられますように」彼らがわたしの名でイスラエルのために祈るなら、わたしは彼らを祝福しよう。
旧約聖書 民数記6章22~27節

 人生は、大丈夫かなと危ぶまれるようなことを多くの人が経験するのです。人は、そのような試練を通して強くなり逞しくなり、かしこくなるのです。試練を通ることで、自分の弱さを知り、健全な人生を送れるのです。弱さを知っている者を神さまは祝福をあたえてくださるのです。

アブラハムは、神さまから約束を与えられ、新しい人生を始めました。自分の状況は、決して良くなかったにもかかわらず、神さまへの彼の信仰はますます強くなったのです。アブラハムの祈りと信仰に、神さまが答えてくださり、大いに祝福してくださったのです。

聖書 彼は望みえない時に望みを抱いて信じました。彼は、不信仰によって神の約束を疑うような事をせず、反対に、信仰がますます強くなって、神に栄光を帰し、神には約束されたことを成就する力がある事を堅く信じました。ロマ4章20~21節。

 私たち主イエス様に在って生きる者も、日々新しい力を与えられて、目に見える厳しい現実に振り回されず、ますますその信仰が強くなり、その信仰を神さまは喜ばれ、大いに祝福してくださるのです。

 あなたのために心から祝福をお祈りしています。アーメン。高橋芳昭。

 

2018年12月14日 (金)

「尽きない泉」第1862号

「尽きない泉」第1号2013//13

Photo
        花が幾つもついたカサブランカ(ゆり)
 

「尽きない泉」第1862号

 聖書 荒野の牧場はしたたり、もろもろの丘は喜びをまとっています。牧草地は羊の群れを着、もろもろの丘は喜びをまとっていますは羊に群れを着、もろもろの谷は穀物をおおいとしています。まことに喜び叫び、歌っています。詩篇65篇12~13節。

 信じて生きるという事は、素晴らしい栄光の結果をいつも、心に思い描きイメージして生きることなのです。

聖書は、神の約束の言葉です。旧約聖書新約聖書、何れも豊かな人生を約束している書です。勿論、試練は人生にあります。しかし、試練は鍛えられ強くなるためには、必要であり、神さまの恵みと愛はどんな時も変わらないのです。

 心に思い描く勝利と栄光をイメージは、目に見える豊かな結果を生むのです。信じて生きている人が、豊かな結果を生むのです。外側は、心にある気持ちの表れなのです。ですから、気持ちの持ち方は、大事なのです。

 聖書は、心の豊かさを保つように、全巻を通じて私たちに語り掛けているのです。ですから、信じて、心を開いて聖書を読むと力が湧き、希望が湧き、元気が出るのです。心を静かにしてお祈りする時間がどうしても必要なのです。

 今日も、み言葉に支えられて、明るく一日を過ごしましょう。あなたのためにお祈りしています。高橋芳昭。

2018年12月13日 (木)

「尽きない泉」第1861号

「尽きない泉」第1号2013//13

「尽きない泉」第1861号

Photo

聖書 この方にいのちがあった。このいのちは人の光であった。光はやみの中に輝いている。やみはこれに打ち勝てなかった。
ヨハネ1章4,5節。

 毎年、クリスマスが来るたびに、心に通う言葉です。主イエス様は、救い主としてのごじぶんの御力を世に示されたのです。主ご自身もわたしは世に勝ったと力強く言われたのです。

 そして、私たちもまた、この世にあって圧倒的な勝利者となると聖書に書いてあります。

 主イエスは真の光です。たとえ、その行く先を暗やみであっても、私たちの希望は失望に終わらないのです。慰めの神は私たちと共にいてその愛を心に注いでくださるのす。私たちのようなものを赦し、認め、義とし、その恵みの神さまが、いつも、いっしょにいてくださるのです。

私たちの信仰は、世に勝つ信仰なのです。クリスマスを本当の喜びをもって祝いましょう。

今日も主イエス様があなた自身と、その働きの中に、いっしょにいてくださるようにお祈りしています。高橋芳昭。

2018年12月12日 (水)

「尽きない泉」第1860号

「尽きない泉」第1号2013//13

「尽きない泉」第1860号

Img_0653
                  和やかに、ひ孫を抱く孫夫妻

 聖書 砂漠は楽しみ、荒れ地は喜び、サフランのように花を咲かせる。盛んに花を咲かせ、喜び喜んで花を咲かせる。

弱った手を強め、よろめくひざをしっかりさせよ。心騒ぐ者たちに言え「強くあれ、恐れるな。」荒野に水が湧き出し、荒れ地に川が流れるからだ。

旧約聖書 イザヤ書35章

 主イエス様と共に生きる者は、外なる人は衰えても、お祈りし主イエス様から与えられる喜びと平安によって、たとい、荒野のように厳しくても、そこを喜び、楽しむ地に変え、その荒野がサフランの花が盛んに咲き誇る祝福の地になるのです。

 人生は、荒れ地を耕し開拓し、その地で農作物をつくる農業のようなもので、そもそも、仕事をすることは、与えられた材料で物を造る製造業のようなものです。物を造ると、自分自身の性格や人柄が現れるのです。これは芸術でも演劇でも同じです。同じように、話や文章や書く文字でも、人柄が出るのです。体の具合も言葉や態度に出ます。

 神さまは、いつも、すべてのことに満ちたりて、すべての良いわざにあふれる者とするために、あらゆる恵みをあふれるばかり与えることのできる方なのです。

私たちの心は、あふれる恵みを与えられ、豊かな心にされているのです。その豊かな心が豊かさ溢れる実りを生み出すのです。

主に導かれる生涯は、人の思いを越えた不思議に満ちているのです。感謝です、

 あなたの今日一日が祝福に満ち溢れる一日となりますように祈っています。高橋芳昭。

2018年12月11日 (火)

「尽きない泉」第1859号

「尽きない泉」第1号2013//13

Photo

「尽きない泉」第1859号

聖書 あなたは私に、いのちの道を知らせてくださいます。あなたの御前には喜びが満ち、あなたの右には、楽しみがとこしえにあります。
旧約聖書 詩篇16篇11節。

 「いのち」は、私たちにとって大事なものです。いのちは、人間が作ることは出来ません。ですから、私たちは、人の誕生を喜び祝うのです。人間は、お互いに、皆、尊いのです。

 「いのち」は、ここにありますよ!と神さまは、言っておられるのです。このいのちは、体も心も生き生きと元気にする「いのち」なのです。

 ですから! 生きている時間の価値は、尊いのです。時は金なり!と言います。ですから!いのちの始まりである人の誕生は、尊いのです。

 救い主イエスを信じる者は、永遠のいのちを持つのです。これは、すべての人の栄光と勝利の人生の出発点です。

 この日も、おひとりおひとりの生活と働きが祝福され、実り豊かな一日となりますようにお祈りしています。アーメン。

2018年12月10日 (月)

「尽きない泉」第1858号

「尽きない泉」第1号2013//13

Img_0648
                 北風の吹く雲一つない夕焼けの空

「尽きない泉」第1858号

聖書 主は私にかかわるすべてのことを成し遂げてくださいます。主よ。あなたの御手のわざを捨てないでください。詩篇138篇

 私たちが、自分のなすべきことを果たしたとしても完全なことは出来ません。恵み深い神さまは、そのことを十分知っていてくださって、それを完成して下さるのです。神の言葉は必ず成就するのです。

 神が約束してくださったことは、必ず、恵みと真実をもって成し遂げてくださるのです。感謝です。

今日も、なしうる最善を尽くし、結果を神の御手に委ね平安をもって日々の務めを果たしたいものです。

おひとりお一人の上に神の祝福が注がれますようにお祈りしています。高橋芳昭。

「尽きない泉」第1857号

「尽きない泉」第1号2013//13

Img_0630
レストラン カムラステイン店内に飾られていたクリスマスデコ・・

「尽きない泉」第1857

聖書 ですから、あなたがたは、神の力強い御手の下にへりくだりなさい、神がちょうど良い時に、あなたがたを高くしてくださるからです。

あなたがたの思い煩いを、いっさい神の手にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。ペテロ①5章6~7節

祈り 主イエスさま。今日も、あなたがたが共にいてくださって、新しい力を与えられて、この日の働きを新鮮な気持ちで、さらに上を目指して元気で始めることができますことを感謝します。主のみ名によりお祈りします。

主イエス様にしっかり心を向け集中して祈り待ち望むとき新しい力が与えられるのです。新しい力とは、先ず平安なのです。この安らかな心、誰にでも与えられるのです。心の安らかだと体の調子見よくなるし、よく働けるのです。祈って信じ、信じて祈るのです。お祈りと信じる気持ちは強いつながりがあるのです。

心を騒がさず、恐れず、勇気をもって、すべてについて前向きな心で生きて行きましょう。

おひとりおひとりを今日も主イエス様が守ってくださるようにお祈りしています。高橋芳昭。

Facebook尽きない泉・・クリックして見てください

 

「尽きない泉」第1856号

「尽きない泉」第1号2013//13

「尽きない泉」第1856号

Img_0631
   昨9日の八ヶ岳中央高原教会の礼拝堂で写しました。

聖書

ですから、あなたがたは、神の力強い御手の下にへりくだりなさい、神がちょうど良い時に、あなたがたを高くしてくださるからです。

あなたがたの思い煩いを、いっさい神の手にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。ペテロ①5章6~7節

祈り 主イエスさま。今日も、あなたがたが共にいてくださって、新しい力を与えられて、この日の働きを新鮮な気持ちで、さらに上を目指して元気で始めることができますことを感謝します。主のみ名によりお祈りします。

主イエス様にしっかり心を向け集中して祈り待ち望むとき新しい力が与えられるのです。この新しい力は、安らかな心でもあるのです。それは誰にでも与えられるす。

心の安らかだと体の調子見よくなるし、よく働けるのです。祈って信じ、信じて祈るのです。お祈りと信じる気持ちは強いつながりがあるのです。

心を騒がさず、恐れず、勇気をもって、すべてについて前向きな心で生きて行きましょう。主は、必ず、良い結果を出してくださるのです。 

おひとりおひとりを今日も主イエス様が守ってくださるようにお祈りしています。高橋芳昭。

2018年12月 9日 (日)

「尽きない泉」第1855号

「尽きない泉」第1号2013//13

P1180305_2

「尽きない泉」第1855号

今日の話題 「柳に雪折れなし!弱さを知っている人こそ強い人になる。弱さを誇る」

聖書 しかし、主は、「わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は弱さのうちに完全に現われるからである」と言われたのです。ですから、私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。なぜなら、私が弱い時こそ強いからです。コリントⅡ12章9=10節。

 人間の本当の姿は、弱いのです。その自分の弱さを知って生活や仕事をしている人こそ、強いのです。その強さこそ、健全な強さなのです。自分の弱さを知らない人の強さはもろく続かないのです。

救い主イエスをよりすがって生きる者は、弱そうでも強いのです。柳や竹は弱そうで強いのです。柳に雪折れなし!と言います。強い風をやわらかく受け流す姿は、なんとも、おだやかで美しく絵になります。弱さは、恥ではなく、誇りなのです。

これこそ、内面から湧く本当の強さなのです。主イエスの「尽きない泉」からいのちがそのエネルギーが湧くのです。

 人生の荒波をたくましく、かしこく、美しくスマートに乗り越えたいものです。信州の寒さと坂道に早くなれて、主の御用のためにもっと強くないたいです。

おひとりおひとりの上に神の恵みと平安が豊かにあるように祈ります。高橋芳昭。

2018年12月 8日 (土)

「尽きない泉」第1855号

「尽きない泉」第1号2013//13

Photo
                寒さに耐えて凛と咲く水仙

「尽きない泉」第1855号

今日の話題 「柳に雪折れなし!弱を知っている人こそ強い人になる。」 

聖書 しかし、主は、「わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は弱さのうちに完全に現われるからである」と言われたのです。ですから、私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。なぜなら、私が弱い時こそ強いからです。コリントⅡ12章9=10節。

人間の本当の姿は、弱いのです。その自分の弱さを知って生活や仕事をしている人こそ、強いのです。その強さこそ、健全な強さなのです。自分の弱さを知らない人の強さはもろく続かないのです。

救い主イエスをよりすがって生きる者は、弱そうでも強いのです。柳や竹は弱そうで強いのです。柳に雪折れなし!と言います。強い風をやわらかく受け流す姿は、なんとも、おだやかで美しく絵になります。

これこそ、内面から湧く本当の強さなのです。主イエスの「尽きない泉」からそのエネルギーが湧くのです。

人生の荒波をたくましく、かしこく、美しくスマートに乗り越えたいものです。信州の寒さと坂道に早くなれて、主の御用のためにもっと強くないたいです。

おひとりおひとりの上に神の恵みと平安が豊かにあるように祈ります。高橋芳昭。

2018年12月 7日 (金)

「尽きない泉」第1854号

尽きない泉」第1号2013//13

Photo

「尽きない泉」第1854号

聖書 神はあなたがたを、常にすべての事に満ち足りて、すべての良いわざにあふれる者とするために、あらゆる恵みをあふれるばかり与えることのできる方です。コリントⅡ9章8節。

 神さまは、栄光に輝き、力に溢れ、すべてを満ち足らせる豊かさ溢れるお方なのです。どんな環境にあっても私たちを満ち足らせてくださるのです。

主イエス様が約束された、尽きることなく湧き続けるいのちの泉「尽きない泉」が与えて下さるいのちは、豊かさの上にも、なお、豊かさあふれるいのちなのです。 

 人の考えや思いをはるかに越えた豊かさあふれる神さまの偉大な力を、人間の小さな考えで小さく、弱いものにしてはなりません。私たちが信じる神さまは、永遠であり、偉大であります。その神さまが私たちの祈りに答えてくださる方なのです。御子イエスを世に遣わし、その生涯の終わりには、十字架の死にも打ち勝ち、よみがえり、力を世の示されたのです。

もっともっと、豊かな祝福を期待し御力を信じ、その実現を信じて、私自身なおなお、お祈りして、元気で長生きを目指しています。

おひとりおひとりのこの日の生活と活動が実の豊かでありますように、今日も祈っています。高橋芳昭。

2018年12月 6日 (木)

「尽きない泉」第1853号

「尽きない泉」第1号2013//13

「尽きない泉」第1853号

Photo
            ばら ミスターリンカーン

私はこう考えます。少しだけ蒔く者は、少しだけ刈り取り、豊かに蒔く者は、豊かに刈り取ります。コリントⅡ9章6.

永遠であられる神は、は、信じて挑戦する者に、いつまでも湧き続ける力を与えて下さるのです。

体の筋力をもっとつけようと、北風の吹く中、元気館(温泉施設)を往復した。7000歩ほど歩いた。半分は坂道なので平地に換算したら、歩数は、さらに増える。長い間、静岡市内の平地ばかりのところで生活していた者が、この、坂道のとても多い諏訪の地形になれるのに、時間がかかって当然なのです。

こうした挑戦は、必ず、報われることを信じて寒さに向かうこれからも、あせらず、続けるつもりです。現に、この5か月の間に相当力が付いたことは確かであります。祈り待ち望む者に、神は、今も変わらず活きて働いておられ、必ず、日々、新しい力を与えて下さるお方なのです。

 神さまに、心から感謝します。色々な方々から、応援や励ましを与えられておりますことを感謝します。

 

おひとりおひとりの上に神の祝福が与えられるように祈ります。お元気で・・。

2018年12月 5日 (水)

「尽きない泉」第1852号

「尽きない泉」第1号2013//13

Img_0602
    霧ケ峰高原の雪の中に生息する小動物テンの可愛い絵葉書です。

「尽きない泉」第1852号

聖書 すべてのことについて感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにおいて神があなたがたに望んでおられることです。
テサロニケ①5章18節。

 感謝!」有難う!の気持ちを言葉や行いで表わすことで交流が深まるのです。神さまが、感謝することを望んでおられるということは、交流の大事さを私たちに教えておられるのです。

人の生活は、持ちつ持たれつで成り立っているので、有難う!と感謝の気持ちを表現することで、喜びも湧き、お互い交流も深まるのです。

 お蔭様です!有難いです!お互いを大事に思う心があると「人と人の交流」に温かさが流れ和やかになり、人も集まり心がつながり心は満たされるのです。

収穫感謝祭、勤労感謝の日なども、汗を流し働いて秋の収穫を迎え、感謝することを行事にすることは、今も昔も、世界共通なのではないでしょうか。

感謝をいつも忘れず、心掛けて生きることは、神さまの御心にそった生き方なのです。

 この日も、おひとりおひとりの生活と仕事が祝福され実り多き一日となりますようにお祈りします。有難うございました。高橋芳昭。

2018年12月 4日 (火)

「尽きない泉」第1851号

「尽きない泉」第1号2013//13

「尽きない泉」第1851号

Img_0589
    冬景色:隣家の
暖炉からの煙がたなびいています。

聖書 わたしは、あなたがたにわたしの平安を与える。

ヨハネ14章27節。

今日の話題 「よく働き、よく休息すること。」

「喜びと平安」これは、「動と静」を現わしているのです。

動は、よく動き活動することを現わし、平安は、落ち着いて、静かにしていることです。神さまがお造りになった自然界を見ると、非常に良くバランスが取れているのです。人は、自然が好きです。日本は、一年が春夏秋冬のバランスの良い気候風土の国です。

 自然界は、すべて動と静のバランスで出来ています。夜と昼。光と闇。天空と自然。上と下。左と右。雄と雌。雌花と雄花などあげれば際限がない。

人間自身の体の左右対称のバランス。男と女、性格にも色々あります。それで、世の中は動いているのです。

 昼の活動を支えているのは、夜の休息であり、人間の能力には限界があり、休息は、人間にとって欠かせないのです。

 喜びには、前向きで明るさを感じ、平安には、静かさ、安息を感じるのです。 この両方のバランスが良いと、ちょうど良い時、何事も行き過ぎない健全さ、おだやかさを感じるのです。

 人は、そのバランスが取れていると落ち着くのです。形や色、服装、料理、芸術などなど、すべてについて言えるのです。

 主イエス様には、バランスの取れたお方です。神さまのなさることは、実にバランと調和が取れているのです。

「神のなさることは、すべてときにかなって美しい」
旧約聖書 伝道者の書311

今日も、おひとりおひとりの活動が祝福されるようにお祈りしています。神さまは、生きて働いておられます。

2018年12月 3日 (月)

「尽きない泉」第1850号

「尽きない泉」第1号2013//13

Photo
            ソフロカトレア


「尽きない泉」第1850号

聖書 ですから、私たちは勇気を失いません。たとい私たちの外なる人は衰えても、内なる人は日々新たにされています。コリントⅡ416節。

 日々、気持ちを新しくされて、新しい朝を迎えることができることを嬉しく思い、心から感謝しております。

あとほぼ1860号で、90才を迎えますが、元気なのは主イエスの恵みにより日々新しい力を与えられるからです。神さまに感謝します。ブログでの多くのお友達の皆さん方の応援も大きな力になっています。感謝します。 

とは言え、色々失敗も多く、外なる人の体力や記憶力の衰えは争えません。日々、平均5000歩ぐらいを目指して坂道の多い諏訪の地で挑戦したり、祈りと共に、先日も、月一度の内科の主治医の診察で「年令を思えばとても元気です。」と言っていただき、今週から週一度の温泉プールでの水中歩行も許され、神さまは、色々道を開いてくださり、感謝です。

家族の支えも大きな力になっており、心から感謝しています。

昨日は、礼拝後の午後の時間に、久しぶりに、混声合唱団 岡谷せせらぎ会の演奏会に孫に連れられ、行ってきました。元気な時、20数年、静岡の混声合唱団で歌っていたので、楽しかったです。

今日は、正に、90才の日記風ブログになりました。

 いつものように、おひとりおひとりのお幸せを心からお祈りしています。

 

2018年12月 2日 (日)

「尽きない泉」第1849号

「尽きない泉」第1号2013//13

「尽きない泉」第1849号

Img_0580
 南天の色づいた南天の実と葉を通りすがりの家のまで見つけました。


 聖書 忠実な人は多くの祝福を得る。箴言28章20節。

今日の話題 

「忠実な人は、平凡を大事にし、愚直に生きる。やはり、愚直、実直が最も賢い生き方なのである。」

急がば回れ! 近道をし、結局、道に迷うことがあります。変わり映えのしない平凡を、新鮮な気持ちで生きる・・主イエス様を信じた時、人の心にいのちが与えられて、心は生き生きしていると、忠実に生きるのです。どんな事も無駄にならないし、どんなことも無駄のしないのです、忠実とはそのような事だと思うのです。

 主イエス様は、今も未来も近くも遠くも、大きな事も小さな事も、大所高所全体を見回しながら、人が気付かないような事まで配慮されお方なのです。

群衆が、満腹し食べ残したパンくずを一つも無駄に捨てないようにと言われたのです。木の上で独りさびしく、下を通る主イエス様を見ていたザアカイにも声を掛け、あなたの家に泊めてくださいと優しく言われたのです。

神さまは、どんなささやかな事でも必ず報いてくださるお方なのです。主イエス様は、私たちの祈りに答えてくださり、その状況に応じて、御心を行う力と知恵を与えてくださるのです。

 おひとりおひとりの今日一日が祝福を受けるようにお祈りしています。

高橋芳昭。

 

 

聖書 小さい事に忠実な人は、大きい事にも忠実であり、小さい事に不忠実な人は、大きい事にも不忠実です。ルカ16章10節。

2018年12月 1日 (土)

「尽きない泉」第1848号

「尽きない泉」第1号2013//13

「尽きない泉」第1848号

Img_0567
上諏訪にある「一とき坂」の長い階段の一部です。昨日も、息を弾ませながら利用しました。

 聖書 涙とともに種を蒔く者は、喜び叫びながら刈り取ろう。種入れをかかえ、泣きながら出て行く者は、喜び叫びながら帰ってくる。
詩篇126篇5~6節。


今日の話題 
「苦労は、必ず、報われる。信じ切って生きる者の人生は、必ず、祝福を受ける。」

 主イエス様も、ぶどうの木にたとえて、わたしにつながっているものは多くの実を結ぶと言われました。アブラハムは、神さまから「あなたの子孫は、空の星ように、数えきれないほどの数になる。」と約束され、そのようになったのです.

主イエスさまを信じた者は、神さまの祝福を受け、多くの実を結ぶ人生を送るために生まれて来たのです。

心を騒がさず、恐れず、迷わず、日々、すべての事への感謝と喜びをもって生きて行くのです。

苦労は必ず報いられ、その喜びは大きいのです。アーメン。

 聖書 少しだけ蒔く者は、少しだけ刈り取り、豊かに蒔く者は、豊かに刈り取ります。コリントⅡ96節。

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »