無料ブログはココログ

恋愛

2016年6月11日 (土)

「前向きな明るい心は、あらゆる事にプラス!すべての物を豊かに与えて、楽しませてくださる神!」

「尽きない泉」 公開 2013/4/13

Photo

                             「 山あじさい  伊予舞子 」


2016 6月11日(土)連続通算1157話

 

きょうの話題
「前向きな明るい心は、あらゆる事にプラス!すべての物を豊かに与えて、楽しませてくださる神!」

 
     ~~~~~        ~~~~~

 私たちにすべての物を豊かに与えて、
楽しませてくださる神に望みを置くように。

新約聖書 テモテへの手紙 第一 6章17節。

      ~~~~~        ~~~~~

 
この手紙を書いた使徒パウロは、イエス・キリストを伝え広めるために、その生涯をささげたのですが、その生涯は、苦難に満ちたものであったのです。


であったのに、そういう生涯を送ったパウロが「すべての物を豊かに与えて、楽しませてくださる神。」と言っているのです。

 使徒パウロ自身も、しばしば、苦しみを経験しながらも、その都度、神さまの御手により、最善の道が開かれる喜びを経験しているのです。 パウロは、それらの出来事を通して、神さまからの慰めを強く感じ、大きな喜び、深い感謝を経験したのです。

  

神さまは、私たち人間が、より成長し、より成熟するために、時には、試練を与えなさることもあっても、「すべての物を豊かに与えて、楽しませてくださる神」と書いてあるように、必ず、喜び、楽しみを私たちに与えてくださるのです。

  

主イエスを知ったことによって、パウロは、多くの苦しみを味わった筈なのに、人生を明るく前向きな気持ちで考える人になったのです。
前向きな明るい気持ちは、自分の人生のあらゆる事をより良くする力なのです。

 
気持ちが明るく前向きになると、たとえ忙しくても、喜び、楽しむ時間を探します。

主イエスさまに、支えられている心の安らぎが、心に、喜び楽しむ余裕を作るのです。 心に安らぎがあり、余裕があると、人は、小さな事、ささいな事でも喜び、楽しめるのです。

  

神への祈り 神さま。「尽きない泉」を読んでくださる方々を始めとして、多くの方々の人生が、たとえ、その苦しみの中にあっても、心の安らぎと喜び、楽しみを味わいつつ生きる、神に祝福された人生でありますように、主イエスさまのみ名によりお祈りします。アーメン。


高橋芳昭

  

左端▼クリック讃美歌。  Facebook尽きない泉

ダウンロード ani.mp3 (874.8K)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村 ← ここのクリックで、ブログ村ランキングに加算されます。日毎の集計です!主イエスの恵みと平安が多くの方々に届けられるためです。毎回よろしくお願いします

その他のカテゴリー